テレビ番組の録画再生に「巻き戻し」?

液晶テレビが普及して久しくなりますよね。
いまなお、ブラウン管テレビにチューナーをつないで、地デジ放送を観ている私にとって、最新のIT機器は遠い世界のできごとです。
パソコンは、可能な限り性能のよい機種を選んでいますが、それ以外は、あまり深追いしないからです。
ただ、いろいろな機器が登場する時代なのに、馴染みのある用語が使われることが多いことにも驚いています。
先日、ある人のブログで「巻き戻し」という表現を目にしました。
おそらく「ビデオテープの巻き戻し」を意識しての表現だと思われます。
その人がテレビの録画に使ったのは、DVDかブルーレイなのかはわかりません。
しかし、ブルーレイ作成や再生など、ブルーレイを扱う場合にも「巻き戻し」といった表現が使われているようです。
実際、このような表現をネット上で見掛けることも少なくないですよね。
「ブルーレイの早送りや巻き戻しを頻繁に行うと故障しやすいか?」といった質問もありました。
ビデオテープでは、そのような操作を繰り返すと、テープがキレイに揃わないこともでてきますね。
ブルーレイは見ただけではわかりにくいかもしれません。
それだけに、慎重に扱う必要があるのではないでしょうか。