税理士試験はどの科目から受けるとよいの?

「税金」に関わる仕事として税理士は代表的存在です。
こちらの仕事に就く方法として、税理士試験に合格する方法が知られていますね。
また、実務経験(2年以上)が条件ですが、これは、試験の合格前も対象になるため、税理士事務所で複式簿記による実務をしながら、合格を目指してもよいでしょう。
税理士試験は全11科目のうち、5科目に合格する必要がありますが、すべての科目を同時に受けなくてもよいことが大きな特徴です。
さらに、合格した科目には有効期限がないことから、自分の生活スタイルに合わせながら、ほかの科目の合格を目指せます。
このように、いろいろなメリットがある税理士試験ですが、どの科目から受けるとよいのか迷う人もいるかもしれませんね。
もちろん、正解はありませんが、必須科目の「簿記論」「財務諸表論」から始める人が多いようです。
しかも、専門学校に通うことで、初回に同時合格を果たせる可能性も高いと言われています。
簿記の基礎をマスターしておくと、ほかの科目に役立つ可能性もでてきます。
なによりも、必須科目を早い段階でクリアできるので、精神的負担が軽減できるのではないでしょうか。