いまさら聞けない!鍼灸師とは?

体の不調を改善するために、鍼灸院で施術を受ける方法があります。
また、美容と健康目的に施術を受ける人も少なくないでしょう。
このように、鍼灸院を訪れる目的は人それぞれだと思われます。
そのなかから、「鍼灸師」の仕事に興味を持つ人もでてくるのではないでしょうか。
ただ、「鍼灸師」はどのような人なのか、いまさら聞けないかもしれませんね。
結論からいうと、鍼灸師とは「はり師」と「きゅう師」、2つの資格を取得している人です。
つまり「鍼灸師」という資格は存在しないのです。
鍼灸師になるためには「はり師」と「きゅう師」、それぞれの国家試験に合格する必要があります。
もちろん、どちらか一方の資格だけ取得して、「はり師」や「きゅう師」として働いてもよいでしょう。
それらの受験資格を得るためには、鍼灸学科のある大学や短大・専門学校で学ぶことが大前提になります。
ちなみに、「鍼治療」では鍼を使って身体に刺激を与えますが、「灸」では「もぐさ」の温熱効果を利用する形です。
いずれの方法も身体のツボに働き掛けることから、「はり師」と「きゅう師」両方の資格を取得したほうがよいかもしれませんね。