不動産屋から連絡が入った

ずっと住みたかったアパートがあり、何回か問い合わせをして空きがでるのを待っていた。
なので、実家暮らしが続いていたのだが、ついに不動産から電話があり、空きがでるとのことで、突然だが一人暮らしをすることになった。
一年ぐらい前に一人暮らしをしようとアパートを探しに不動産にいった。
ふらっと入った不動産に、住みたい!と思うぐらいのアパートをみつけたのだが、タッチの差で入居が決まってしまい、泣く泣く諦めた。
しかし、諦めきれず、不動産に何度かいき、空きがでたら、連絡をもらうことにしていた。
そして、今回連絡をもらって住めるようになったのだが、そのためにお金を貯めて家具家電も好きなものを買えるようにしていたのだ。
かなり楽しみにしていた引っ越しも仕事が忙しくなったので、ばたばたと引っ越しをすることになった。
兄が手伝ってくれて、早く終わることができた。
不動産の人がかなり協力的だったのが本当にありがたかった。
好きな物件に住めることができて、夢が叶った感じがした。
友達も呼べる広いアパートなので、住んでよかったなと思う。